アグリマネージャー(Agri Manager for Smart Agri)

Creative House Corporation is committed to INTEGRITY.

重要なお知らせ

アグリマネージャー(Agri Manager)を真似た呼称を使用したブランドの商業活動には十分ご注意ください。

当社が事業を推進している農業経営支援のソフトウェア「アグリマネージャー(Agri Manager)」は、2014年のリリース以降、お客様のご支持をいただき日本農業新聞を始めとする各種メディアで紹介されました。また、農林水産省主催のイベントでは、ICTを活用した農業支援ツールとしてご紹介を行っています。こうした状況の下、アグリマネージャーに酷似した名称を使用しサービスを提供している組織が存在します。当社[1]といたしましては、行動規範[2]に沿って正しく情報を取り扱うとともに、誤った行動をとらないインテグリティをコーポレートポリシー[3]の一つとして事業活動を行っています。

[1] 株式会社クリエイティブハウスコーポレーション
[2] 行動規範
[3] 経営理念

Agri Manager

Agricultural solution developed and owned by Creative House Corporation

Agri Manager development

Agri Manager was developed by Creative House Corporation and released in 2014. This application is designed to help growers manage their agricultural activities. Key concept of Agri Manager is based upon customers voice from market survey and field trips by development team of Agri Manager.

Agri Manager for one-on-one support

Agri Manager is used for Avocadonet which is a consulting service for tropical fruit growers.

Agri Manager for team member support

Japan Avocado Growers Association is providing information and services for members and maximize the value of Agri Manager platform. Agri Manager platform is supporting close communication widely in the organization.

Agri solution by CHC through Agri Manager

農業の6次産業化に必要な栽培・生産・販売・顧客・人事などの経営管理機能や、AIやビッグデータを活用したIoT時代のスマート農業実現を支援します。

Agri Managerは、農業経営を成功に導くSmall ERPの役割を果たしています。日々の栽培管理から、商品や資材の入出庫管理、商品別・顧客別の損益管理など、農業経営全般をカバーし、同時にChatterを活用した情報共有が可能です。Agri Managerは日本語のほか英語もサポートしていますので、多くのユーザのグローバルな活動に活用いただけます。

* Agri Manager also supports English to help multinational organizations.

Agri Manager is supporting growers to develop own business processes
Image

AI with Agri Manager
AI with Agri Manager
AI with Agri Manager

Agri Manager to develop future agriculture

Agrimanager

Agrimanager to help growers manage daily operations

Agrimanager

Agrimanager to help growers manage financial operations

Agrimanager

Agrimanager to help growers manage organizational development

Agri Manager Field Management
Agri Manager Field Management

Agri Manager as a small ERP system for agriculture:

Agri Managerには作業内容のDB化や認証取得に向けた栽培・収穫管理機能を実装。APIを利用した外部データや圃場のセンサーとの連携が可能です。またリアルタイム在庫や6次産業化をサポートする製造・品質管理機能はサプライチェーンを強固にします。収益性分析を行う経営管理機能や勤怠にキャリアディベロップメントプランを加えた人事労務管理機能を備えています。

Agri Manager as a basis for smart agriculture:

Agri Managerの標準機能である情報共有ツールを活用し、組織内外の5000名までの登録メンバーと情報を交換できます。顧客からの問合せや注文に対して、素早くメンバーに状況を確認したり一斉に情報発信するなど、タイムリーな対応が可能です。更に圃場で起きている事象に対し、画像共有するなどの対応が図れます。また外部の基盤と連携したビッグデータを使い、構築したAIの解析結果を活用したスマート農業実現を支援します。

Image
Image

Agri Manager to implement new processes

Agri Manager is helping custoemrs to develop new market.

Agri Manager as a platform for global operations:

Agri Manager is supporting international activities to run businesses outside of home country. Global standard platform can help users develop firm and reliable operations under bilingual environment.

アグリマネージャー(Agri Manager)には農業工程管理(GAP)に必要な項目を標準で搭載するほか、認証取得のためのプロセスを追加する柔軟なカスタマイズが可能です。またプロジェクトやスタッフ別に業務を管理するヘルパープランナーを実装し、案件別情報を始めスタッフの勤怠、シフト、育成管理をサポートしています。

Agri Manager Suite

Agri Manager is providing services for growers to manage their field, process and human resources

Agri Managerの役割


栽培管理

作物・品種別の作業内容や栽培内容を管理し、貴重なノウハウのデータベースを構築します。さらに、5000人ものメンバーを登録して情報共有できるので、部会の活動を始め顧客や生産者とのリアルタイムな情報交換が可能です

生産管理

資材や商品在庫の入出庫を始め、加工品の製造管理や品質管理を行います。

経営管理

収益や費用の発生状況を「見える化」し、利益の改善につなげます。スタッフの業務管理も可能です。

販売管理

顧客別の販売状況や発生したクレームの管理をし、販売増加を目指します。


農作物の安定生産に必須の栽培計画立案から作業をデータベース化する栽培管理機能を始め、収穫管理や生産した作物の入出庫を把握する在庫管理機能、6次産業化をサポートする製造、ロット等の管理が可能です。また、日々の活動経費の管理や、顧客別売上分析などを行う経営管理機能を実装しています。レポートやダッシュボード等の分析機能も充実し、情報共有機能がコラボレーションを支援します。マルチデバイス対応のため、スマホやタブレットを利用したデータ入力や過去データの参照が可能です。

アグリマネージャーの活用エリア

クレーム管理
情報共有
経営管理
ロット管理
プロジェクト
管理
資産管理
品質管理
製造管理
コスト管理
シフト管理
スタッフ管理

IoT時代の農業経営

Agri Managerと外部データをAPIで連携することで、気象や地理情報など外部のビッグデータの活用や、AIを利用したデータ解析を可能にします。さらに、圃場に設置したセンサーとの連携で定期的にデータを取得するなどの農業ICTソリューションが実現します。

スマート農業への取組み

ドローンを使用した農薬散布が行われるなど、IoT環境の活用は競争力強化に必須となっています。Agri Managerがスマート農業の実現を支援します。

AI活用とデータ連携

農業ビッグデータの活用は生産性向上につながります。信頼性の高い強固な基盤に立つAgri Managerなら、安心安全に外部基盤データとの連携が可能です。

農業の収益力向上

Agri Managerを利用しデータを一元管理することで、営農情報をデータベース化し、オペレーションの効率化を支援します。従来スプレッドシートや手書きメモで行っていたデータ管理プロセスをAgri Managerに置き換えることで、業務時間の短縮化を図り、きめ細かい顧客対応を始め作物の中長期生産計画や商品の企画、認証取得に向けた準備等にその時間を振り向けていただけます。

農業の将来の担い手づくり

栽培・製造・販売だけでなく、人材育成計画を立てそれを実行しモニタリングする、人事管理機能を備えています。高齢化が進む状況の下、農業経営に関する有形・無形の様々な資産を可視化し次の世代に継承すると同時に、後継者育成を行うためにAgri Managerが役立ちます。

Image
Image
Image
Image

Agri Manager to support succession plan

Agri Manager is working with managers to design succession plan.

カスタマイズを考慮したマスタ

栽培、製造、販売、会計、管理等のマスタ類がデータベース化を快適にします。

アグリマネージャー(Agri Manager)のクラウド早わかり

「クラウド(雲)」という用語を最近よく耳にしますが、いったいどういう意味でしょう。日本語で“雲をつかむような”といえば、はっきりしないことのたとえ。でも“クラウド“の仕組みは違います。 従来のソフトウェアは使用する端末ご …

アグリマネージャー(Agri Manager)のモバイル対応

Agri Manager in mobile use アグリマネージャーなら、クラウド型の利点を生かし、パソコンやスマホ、タブレットなどを利用して事務所や圃場(ほじょう)でリアルタイムに最新データを処理できます。またiO …

アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系

農業経営を成功に導く透明性を高めた価格設定 アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系は以下の通り、1ライセンス単位に1か月あたりの料金が設定されています。お客様の利用環境に合わせた機能と利用者数の組合せが …

アグリマネージャー(Agri Manager)の活用エリア

農業向けSmall ERPシステムとしての役割 アグリマネージャーは、作物の生産から始まり、圃場で働くスタッフの管理から、製造、加工、在庫、販売、その後の顧客フォローアップまで、お客様のさまざまなニーズにお応えします。利 …

アグリマネージャー(Agri Manager for Smart Agri)

Creative House Corporation is committed to INTEGRITY. 重要なお知らせ アグリマネージャー(Agri Manager)を真似た呼称を使用したブランドの商業活動には十分ご …

Agri Managerと未来型農業

AI構築によるビッグデータの活用とローコストモデルによるスマート農業実現への挑戦 (CHCペーパー Vol. 11) 要旨 農業分野でもIoT(モノのインターネット化)の波が押し寄せている。ICTを活用した農業支援サービ …

AI for agriculture

AIとAgri Managerの活用について 農業経営支援サービス「アグリマネージャー(Agri Manager)」のプラットフォームを活用して外部データとの連携ができます。 例えば、Tensorflowなどのサービスを …

農業経営支援アプリ「アグリマネージャー(Agri Manager)」

Agri Managerのウェブサイトへようこそ! アグリマネージャー(Agri Manager)は、日本の農業の発展とグローバル化を願い2014年に誕生しました。 アグリマネージャーを通じて、農業の根幹となる栽培ノウハ …

Agri Manager   AgriManager   AI   GAP   ICT   IoT   IoT(Internet of Things)、ソリューション、ローコストモデル、高齢化、スマートフォン、通信キャリア、電波状況、クラウド型、事業継承、栽培ノウハウ、普及指導員、農業経営、防除体系   TensorFlow   Tensorflow、ビッグデータ、センサー   アグリマネージャー   インターネット環境   クラウド   クラウドソリューション   クラウド型   スマート農業、AI   スマホ   センサー   センシング   ソリューション   タブレット   ドローン   ビッグデータ   事業継承   圃場管理   普及指導員   栽培ノウハウ   栽培指導   農業IT   農業アプリ   農業経営   農業経営支援アプリ   通信インフラ   通信キャリア   防除体系  

Agri Managerの導入事例はこちら
https://www.agrimanager.co.jp

Agri Manager to lead growers to new endevours

Agri Manger is providing information services to implement new crops in Japanese market.

アグリマネージャー(Agri Manager)のクラウド早わかり

「クラウド(雲)」という用語を最近よく耳にしますが、いったいどういう意味でしょう。日本語で“雲をつかむような”といえば、はっきりしないことのたとえ。でも“クラウド“の仕組みは違います。

従来のソフトウェアは使用する端末ごとにインストール(設定)しますが、クラウド型の場合はデータセンターという保管場所に、アプリケーションであるソフトウェアがあります。

お客様の環境からいつもデータセンターにある自分の情報を見に行きます。そのため、インターネット環境があれば、いつでもどこでも情報を取り扱うことができます。それが“クラウド”の仕組みです

農業経営支援アプリ

農業経営支援アプリ「アグリマネージャー」は、ソフトウェアのインストールが不要なクラウド型のアプリケーションです。

クラウド型だから、データはサーバー上に保管されていて、いつでもどの端末からでも最新状況を確認することができます。また、パソコンやスマホなどの端末が故障しても、記録したデータに影響を与えません。

たとえば、Aさんが所有するiPhoneを使い、圃場で撮影しアップロードした画像を、Bさんが事務所のウィンドウズパソコンで確認し追加情報を入力。さらにCさんが、外出先からアンドロイド端末を使ってコメントを投稿する。そのようなことも、アグリマネージャーならとてもカンタンにできます。

お客様の大切な情報は、日本にあるデータセンターで厳重に管理されています。もちろん、その情報はお客様のもの。お客様のプライバシーもしっかり守られています。

農業経営支援アプリ

アグリマネージャーは米国セールスフォース・ドットコム社(ニューヨーク証券取引所に上場)のプラットフォーム(土台)を利用しています。

セールスフォース社が提供するクラウド型のサービスは、トヨタ自動車を始め、日本郵政、日本航空など、世界的な大企業の多くが利用している安心・安全な仕組みです。

農業経営支援アプリ

アグリマネージャー(Agri Manager)のモバイル対応

Agri Manager in mobile use

アグリマネージャーなら、クラウド型の利点を生かし、パソコンやスマホ、タブレットなどを利用して事務所や圃場(ほじょう)でリアルタイムに最新データを処理できます。またiOSとアンドロイド双方のモバイルOS(オペレーティングシステム)にも対応し、既存の端末ですぐにアプリが利用できる環境を実現しています。

たとえば、Aさんが所有するiPhoneを使い、圃場で撮影しアップロードした画像を、Bさんが事務所のウィンドウズパソコンで確認し追加情報を入力。さらにCさんが、外出先からアンドロイド端末を使ってコメントを投稿する。そのようなことも、アグリマネージャーならとてもカンタンにできます。

アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系

農業経営を成功に導く透明性を高めた価格設定

アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系は以下の通り、1ライセンス単位に1か月あたりの料金が設定されています。お客様の利用環境に合わせた機能と利用者数の組合せが可能で、業務効率化の実現を目指した最適な投資を行うことができます。

「すべてはお客様のために」 それはアグリマネージャーの開発原点です。

※コンサルティングサービスをご利用の方へは、各種の設定変更や機能拡張のご提案などのサービスを提供しています。
※ご契約は1年単位となります。

    

アグリマネージャー(Agri Manager)の活用エリア

農業向けSmall ERPシステムとしての役割

アグリマネージャーは、作物の生産から始まり、圃場で働くスタッフの管理から、製造、加工、在庫、販売、その後の顧客フォローアップまで、お客様のさまざまなニーズにお応えします。利益を生まない管理業務の効率化を図り、「利益を生む活動」の時間を増やすことに貢献します。

農業支援アプリ「アグリマネージャー」は、営農活動を幅広く支えるために以下の機能を提供しています。

 

    

Agri Managerと未来型農業

AI構築によるビッグデータの活用とローコストモデルによるスマート農業実現への挑戦

(CHCペーパー Vol. 11)

要旨

農業分野でもIoT(モノのインターネット化)の波が押し寄せている。ICTを活用した農業支援サービスが多くのベンダーから提供されているが、農業経営にも気象や地理情報等のビッグデータを活用することで、より安定的な生産が期待されている。こうしたビッグデータの活用には外部データを利用し、それを処理する高度なツールも必要になる。一方で、日本において多くの農家の収入は決して高いとは言えず、有用な情報を利用するに当たっては大きなギャップがある。こうした課題を解決するには、一般に公開されたビッグデータを利用し、それを処理するいわゆる人口知能(AI)をより安価に構築することがポイントとなる。ローコストモデルのプロセスが、日本の農業の未来を変えるとともに、高度な情報やテクノロジーに基づくスマート農業の実現にもつながると考える。

Key words

Agri Manager, ICT, スマート農業、AI, Tensorflow、ビッグデータ、センサー, 圃場管理, IoT(Internet of Things)、ソリューション、ローコストモデル、高齢化、スマートフォン、通信キャリア、電波状況、クラウド型、事業継承、栽培ノウハウ、普及指導員、農業経営、防除体系

Reference

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業(神成淳司著、日系BP社)
IoTが拓く次世代農業 アグリカルチャー4.0の時代(三輪泰史・井熊均・木通秀樹著、日刊工業新聞社)
60分でわかるITビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)
60分でわかるIoTビジネス最前線(ITビジネス研究会、技術評論社)

(注) Agri Managerについて

農業経営支援のアプリケーションソフトウェアである「アグリマネージャー(Agri Manager)」は2014年に株式会社クリエイティブハウスコーポレーションによりリリースされた。情報共有可能なユーザ数は5,000名であるため、主として中小規模の組織を対象としたERP(基幹)システムというポジショニングで製品化されている。

AI for agriculture

AIとAgri Managerの活用について

農業経営支援サービス「アグリマネージャー(Agri Manager)」のプラットフォームを活用して外部データとの連携ができます。

例えば、Tensorflowなどのサービスを利用して機械学習を行い、その結果をAgri Manager上に出力させることも可能になります。

農業経営支援アプリ「アグリマネージャー(Agri Manager)」

Agri Managerのウェブサイトへようこそ!

アグリマネージャー(Agri Manager)は、日本の農業の発展とグローバル化を願い2014年に誕生しました。

アグリマネージャーを通じて、農業の根幹となる栽培ノウハウを次の世代に確実に継承することはもちろん、大切な顧客情報を管理したり、経営情報を把握するプラットフォームを提供しています。

さらに開発段階から英語化を行い、日本から世界へとグローバルな展開を図るお客様にもご満足いただけることを目指しています。

また、使用するデバイスやOSを選ばず、パソコン、スマホ、タブレット、iOSでもアンドロイドでも使用できる、正真正銘のクラウドシステムです。

アグリマネージャーは料金体系を明確に示すことで、お客様に安心してサービス選定を行っていただけるよう徹底した情報開示を図っています。

~ 農業経営向けクラウドソリューション Agri Manager ~

アグリマネージャーは、日々の栽培管理から、商品や資材の入・出庫管理、商品別・顧客別の損益管理など、農業経営全般をカバーするとともに、チャット機能を活用した情報共有が可能な業務支援アプリケーション(ソフトウェア)です。

クラウド型なので、面倒なソフトウェアのインストールは不要。申し込んだその時点から利用開始できます。また、インターネット環境があれば、いつでもどこでも最新のデータにアクセスし、データを更新したりリアルタイムで情報を共有することが可能です。

agrimanager_flyer_22.1_circle

アグリマネージャー(Agri Manager)には、農業経営に必要な「栽培管理」、「生産管理」、「販売管理」、「経営管理」などが装備されていて、営農活動をしっかり支えます。

農業向けSmall ERPシステムとしての役割

アグリマネージャーは、作物の生産から始まり、圃場で働くスタッフの管理から、製造、加工、在庫、販売、その後の顧客フォローアップまで、お客様のさまざまなニーズにお応えします。利益を生まない管理業務の効率化を図り、「利益を生む活動」の時間を増やすことに貢献します。

農業支援アプリ「アグリマネージャー」は、営農活動を幅広く支えるために以下の機能を提供しています。

固有の農業環境に合わせたカスタマイズが可能

アグリマネージャー(Agri Manager)は安心・安全なプラットフォームの上に、農業経営をサポートするさまざまな機能が標準装備されています。同時に、お客様のニーズや利用環境に応じて機能をカスタマイズすることが簡単にできます。もちろん、標準機能はしっかりプロテクトされていて、データが消失するような心配はありません。

組織運営に必要な情報共有機能

アグリマネージャーは、一般の農業向け業務管理ソフトウェアにはない、”みんながつながる”環境を提供するグループウェアです。組織に所属するチームメンバーを作ったり、顧客や外部の取引先とのグループを作成するなど、合計5,000名までのユーザを登録することがことができます。

農業経営を成功に導く透明性を高めた価格設定

アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系は以下の通り、1ライセンス単位に1か月あたりの料金が設定されています。お客様の利用環境に合わせた機能と利用者数の組合せが可能で、業務効率化の実現を目指した最適な投資を行うことができます。

「すべてはお客様のために」 それはアグリマネージャーの開発原点です。

アグリマネージャーエンタープライズ版のトライアルお申し込みはこちら

アグリマネージャースタンダード版とアボカドネットのトライアルお申し込みはこちら

重要なお知らせ

アグリマネージャー(Agri Manager)を真似た呼称を使用したブランドの商業活動には十分ご注意ください。

当社が事業を推進している農業経営支援のソフトウェア「アグリマネージャー(Agri Manager)」は、2014年のリリース以降、お客様のご支持をいただき日本農業新聞を始めとする各種メディアで紹介されました。また、農林水産省主催のイベントでは、ICTを活用した農業支援ツールとしてご紹介を行っています。こうした状況の下、アグリマネージャーに酷似した名称を使用しサービスを提供している組織が存在します。当社[1]といたしましては、行動規範[2]に沿って正しく情報を取り扱うとともに、誤った行動をとらないインテグリティをコーポレートポリシー[3]の一つとして事業活動を行っています。

[1] 株式会社クリエイティブハウスコーポレーション
[2] 行動規範
[3] 経営理念